先端技術で未来をみつめる株式会社ボルテックス
会社概要 プライバシーポリシー アクセス お問合せ サイトマップ 言語選択 中国語
製品紹介 システム 技術 会社案内 トップ
ハイビジョンカメラ用電源 医療用輸液ポンプ電源 レーザーメス用電源 人工透析/血漿装置用電源
経腸ポンプ用電源 医療用イオン整水器電源 ブラッシレスモータ用電源 脳内酸素飽和度モニター用電源
カスタマーテレビカメラ用電源 ポータブルテレビカメラ用電源 歯科治療機用電源
補助人工心臓用電源
電気自動車用電源
この製品は、株式会社 東京R&D 社に納入したものです。 1998年開発
MODEL :D 2 6 4 0 A
概要
世の中に「自動車」というものが登場して早80年、その "革命児" ともいえる ガソリン+電気 で走る『ハイブリットカー』が2000年を待たずして登場しました。 しかし、ガソリンの消費量は減せても環境への害は"ゼロ"にはなりません。電気だけで走れないだろうか…… 世界の技術者が、飽くなき挑戦を続けている中、日本でも九州電力を中心に、東北・中部・関西の各電力会社と、電力制御装置と電池を直列にすることで高効率で容積を1/2にできるという 全く新しい発想を確立した 東京R&D社 が共同で開発。それから2年、『ガソリンを使わない自動車』の青写真が出来あがりました。所が大きな問題が一つ、車を動かす程の電力ですから、それ相応の電力制御装置"電源"が必要、しかし市販の電源では電力損失が大きく、効率85%が良い所、これでは、走行距離は伸びません。この開発のネックは電源の大出力での効率でした。  そんな背景から、'98年完成を見たのが 電気自動車用電源 "D2640A"です。最大出力10.5KW、効率94%という他社にない、 ボルテックス独自の技術が、この超高効率電源を誕生させました。 そして'99年初頭、この電源を載せた試作車は、従来の電池寿命を1.5倍以上伸ばし、国内で初めて 総合効率96%で走行試験の成功をおさめ、新聞各社で大きく報道されました。   開発陣の情熱と執念で日の目を見た"D2640A"…… 他方、世界は 燃料電池 で走る夢の完全無公害車の開発へと第2ステップが始動しています。私達も次世代を見据えた電源で、地球にやさしく加速します。
仕様
方式POWER MOS スイッチング 10並列PWM制御方式
入力DC70~150V
出力DC 0~150V、0~70A、10.5KW、総合効率94%、過電流・熱保護、5ツの制御信号アクセル信号0~10Vで0~70A±2%+1A制御、アイドリング率1%、制御モジュール内蔵
その他周温-40~70℃、外形700W×340D×190H、重さ22㎏、出力モニター、車載仕様
詳しい仕様は、お問合せ下さい。
Copyright (C) 2006 VOLTEX CORP. All Rights Reserved.